本質を理解して応用するWEB会議のシステム

WEB会議はWEB上で会議を行うことができるという点が画期的であるとして広く宣伝が行われています。

しかし、その本質はWEBを介した複数ユーザーでの映像と音声の共有であり、その点に着目していくと会議以外にも応用していくことができます。

大きな投資をしてシステム導入を行ったからには会議以外の面でも活用していく道を見つけ出すのは賢明な考え方であり、こういった一般化した見方でシステムの特性を理解すると応用の範囲が広がるでしょう。

Web会議といえばこちらがオススメです。

その一つとして有用性があるのが新人教育への活用です。

朝日新聞デジタル

年度初めになると新人教育の一環として講義が行われることが多く、それを実施するために研修施設を手配して合宿を行うということもしばしばあります。

いくつもの異なる場所にあるオフィスに通うことになる新人がいることから、その全員が一堂に会することができる場所を確保しなければ効率的に新人教育を行えないのが一般的だからです。



しかし、WEB会議を利用すればその問題も解決することができます。
個人が自分のデスクから自分のパソコンを使ってWEB会議のシステムにアクセスし、そのシステム上で研修を行うということが可能だからです。

講師がそのシステム上で講義を行えば良いだけであり、効率的に新人教育を終えることができるでしょう。
こういった形での応用を行っていくことによってWEB会議のシステムを導入したことを生かした企業の運営を行っていくことができるでしょう。